ホテル関係者 様
ホテル
旅館関係者 様
旅 館
ビジネスホテル関係者 様
ビジネスホテル

静岡県知事許可 第35609号
医療・病院・老人福祉施設関係者 様
医療・福祉
学校・学生寮・官公庁関係者 様
学校・官公
商業施設・その他施設関係者 様
商業施設
TOPページ トータル節水システムとは? 株式会社ヴィクトリーについて お問合せフォーム


節水を通じて『人と地球を守る環境企業』へと成長を続けていきます。





  資本金、所在地など会社情報を掲載しています。

  VICTORYのあゆみを紹介します。

   




  製造(本社)、販売、メンテナンスなど国内の主要拠点を紹介します。   節水、省エネ、環境、ESCO事業への取組みをご紹介します。


弊社は、伊豆・箱根・富士山の玄関口、富士山の雪解け“水”の恩恵を受ける三島市に本社を構えており、きれいな“水”の有難さを身にしみて感じております。
生命の源ともいわれる“水”・・・地球上には14億k㎥もの水が存在すると言われております。しかし、そのうちの97%が海水、2.2%が南・北極地域の氷であり、私たちが生活に利用できる水は地球上の水のわずか0.8%しかなく、その水を循環させながら使用しているに過ぎないのです。
各自治体ではその循環経路となる“水道”(普及率:98%)“下水道”(普及率:76%)“貯水池(ダム)または井戸”を整備し、“浄水場”を通じて生活水を供給しています。水道の整備費用は、使用する量に応じて管のサイズを太くする必要があるため、使用量が増えるほど巨額の費用が掛かり、
“使用量が多い需要者が高くなる”仕組みになっています。東京24区の一般家庭を例にすると100㎥で1㎥当り413円の上下水道料金が101㎥に増えると528円となり“わずか1㎥”の差で12,000円近い出費を招くのです。一般家庭であれば“心がけ”ひとつで節水は可能ですが、このホームページをご覧の方のほとんどが高単価をお支払の“業”を営む方であり“節水の効果”に期待を持っていただいていることと思われます

(楽寿園小浜池と富士山)

(柿田川の湧水群 清水町)
弊社はその期待に応える“節水システム”を研究開発し販売させていただいております。
「お金をかけなくても節水はできる」と豪語されるお客様もいらっしゃいますが、一般家庭で行われている節水方法をそのまま“業”に持ち込むと“サービスの低下”が生じ兼ねません。また、無理な節水は使用時間を長引かせるだけで結果的に節水になりません。
弊社は、ご利用者様に“節水”していることを感じさせない
“使用感”=“使い心地”を第一考えた商品開発に取り組んでおります。
弊社の“節水システム”を導入することにより、ユーザー様には上下水道代のみならず燃料費も同時削減され
“経費削減”というメリットが生まれ、水道水1㎥につき200g以上の二酸化炭素排出量を抑えることができ“地球温暖化防止”にも貢献できるのです。
故に弊社が“節水システム”普及させることは『人と地球を守る』という社会的責務であると考えております。
【戻る】

JTB商事 総合メディカル 管理者≫ 株式会社ヴィクトリー
〒411-0038 静岡県三島市西若町9-20
TEL 055-981-4005 FAX 055-981-4003
Copyright (C) 2014 VICTORY CO.,LTD . All Rights Reserved.